読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋の外へ

雑記
最近俺はがんばっている。見た目からはそうは見えないかもしれないががんばっているのだ。がんばっていると血が出る。体の末端から血が出る、血が出るから自分ががんばっていることがわかる。この文章を打ち込んでいる最中も親指の先から血が滲んでいる。スマホの画面に血がついてそのまま乾いてしまってとってもブラッディだが取れないのでそのままにしている。

指に血を滲ませながらスマホで何をしているのかというと就職のためのエントリーシートを書いている。エントリーシートってもっと厳かなものかと思ったらスマホで、片手で書けてしまう。なんかスマホでぽちぽち打った文章で書類選考とかされるのは少しおもしろい。あなたの趣味、特技はなんですか、学生時代に打ち込んだことは、会社に入ってどんなことを実現したいですか。知らん、知るかそんなの知らん知らん知らん。俺はお前の友達じゃないぞ。趣味もわからん特技もわからん。

さしたる趣味を挙げるなら水道屋のマグネットをアパートの使われてない部屋のドアに貼り付けることだ。
f:id:jpmpmpw:20160313000450j:image
企業はこれを見てクリエイティブだねって言ってくれるだろうか、強いて言えばこれが趣味っちゃ趣味だ。集合は迫力を生むのだ。何人ものダンディ坂野がドアの奥に封印された何かを閉じ込めている。この貼り付けられたマグネットは混沌の部分集合だ、部分集合なんだよ。

いちかばちかこれをエントリーシートに書いてみようかしら。この趣味は会社にとって何の役に立つのかとか訊かれたら迫力を生み出すこととか答えちゃおう。そうしよう。

学生時代に打ち込んだこともないし打ち込んだものによって何がわかるのだろう。文章を書くのをがんばったかな。カロリーメイトを100個買った記事を書いたことでいろいろ変わったし出会いもつながりも生まれた。積極的であろうとした。がんばった、がんばったよ俺、まだがんばらないと。

俺は会社で何を実現したいんだろう。会社じゃないけど今実現させたいことはでっかいエクスクラメーションマークの標識を作ることだ。
f:id:jpmpmpw:20160313001509j:image
これのでっかいやつ。これがでっかかったらきっと怖いぞ〜。これ見ると不安になるしどうしていいかわからなくなる。だからでっかいエクスクラメーションマークの標識を作ってみんなを不安にさせたい。それが今実現させたいことである。

でも会社で実現したいことってなんだろう。目下の実現したいことはたくさんお金をもらうことかな〜、あとオフィスラブとか経験してみたいな〜、あと仕事中に居眠りしたい。メチャクチャ判子押したいし有給を取りたい。実現したいことたくさんあってわくわくする。

この頃は部屋の外にいることが多い。ずっと気になってた会社にインターンシップさせてもらって、色々やらせてもらっている。すごくうれしい、なんで受かったのかわからないけどインターンシップが決まった。しかも東京、ずっとコンビニも電車もない田舎で育ったので都会に憧れがあった。うれしい。

田舎での生活を思い返すと全然文明的なことをしてた記憶がない。妹の髪の毛にカエルを巻きつけて殺したり、オタマジャクシのぬめりを取り除いて田んぼに投げるなどしていた。6月終わりくらいに田んぼの溝で干からびかかっているオタマジャクシの集合の中に手を突っ込んでぶよぶよとした生き物の感触とひんやりとしたぬめりを感じていた。あのオタマジャクシの集合の中にチンコを突っ込んだら気持ちよかったかもしれない。それで精通を迎えたのなら文明的だったのではないか、オタマジャクシ文明、集団レイプである。性のまにまにが両生類の子どもに向けて炸裂するのだ。もうポルノである、それは。そうしたパラレルが存在したのかもしれない。

現在は東京⇆京都でインターンシップをしている。夜行バスで往復する。全然辛くない、だって楽しいから、会社の人みんなやさしいしおもしろい。だけどその懐に飛び込めない自分がいる。どうしようもなく存在するのだ。ただ相槌を打ってニヤニヤしている。新しい環境を楽しむにはきっと自分も更新されなくてはいけなくて、パソコンのアップデートのようにずっと更新を先送りにし続けている。

今回のインターンには自分を変えてくれる何かを求めて応募したのだけどそれって今思うと結局他力本願でなんだか卑怯で、変わるのは自分によってでなくてはならないことに気がついた。他人が変えてくれるのではなく他人は変わるきっかけをもたらすのだ。変わるきっかけは多くもらっている。インターン同期もみんなやさしくていい人だ。もうすげぇいい人、絶対に幸せになってほしい。なるべくして幸せになるべき。もしあの人たちが死んでしまったのなら迷うことなくメガザルを唱えると思う。

インターン先はすごい人ばかりでかっこいい大人がたくさんいる。吸収したい、取り込みたい。おもしろい。いい経験をしているし自慢したい。いやらしい顔で。

個人の独白なんかクソダサいしこんな小っ恥ずかしいこともないがこの独白は日常でもよおした尿意による放尿でありおしっこなのだ。モヤモヤした鬱憤が膀胱に溜まっているので我慢してばかりで排出しないと膀胱炎になってしまう。誰か俺のおしっこを飲んでくれ。




おわり