読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本のカプセルホテルにマジのカラオケボックスがあった

体験記

f:id:jpmpmpw:20170202011639j:plain

 

熊本に旅行に行き、泊まったカプセルホテルにこんな機械があった。名前は「ちょいKARA DAM、個室でカラオケができるらしい。こじんまりとした長方形の箱、まさにカラオケボックスである。

 

f:id:jpmpmpw:20170202013659j:image

中はメチャクチャ狭い。定員3名と書いてあったが2人でもうキツい。中央のデンモクから選曲するようだ。

料金は2曲100円だった。すごく安い。ちょっと歌う分には最高だ。

 

f:id:jpmpmpw:20170202013711j:image

音は上部のスピーカーから出る。それなりに大きく、音は申し分ない。マイクの音もしっかり入る。 

 

f:id:jpmpmpw:20170202013721j:image

ヘッドホンを装着して、そこから音を流して歌うこともできるようだ。だけど隣に人がいるとアカペラで熱唱しているように見えるので恥ずかしい。 

 

f:id:jpmpmpw:20170202013759j:image

岡村靖幸の「Super Girl」を歌った。これはDAMなので「wow」とか「oh」とかのかけ声が入っている。気持ちよく歌えた。

 

調べたらこの機械はゲーセンに置いてあるのがほとんどらしい。カプセルホテルに置いてあるのは珍しいのかもしれない。

 

www.taito.co.jp

 

TAITOのホームページに情報が載っていた。設置店舗が極端に少ない。

 

f:id:jpmpmpw:20170202015958p:plain

北海道に1つと、東京に4つ。熊本でお目にかかれたのは幸運かもしれない。

1曲から歌えるというのが革命的だ。この1曲だけ歌いたい……! という欲求がたまにすごくある。自分の場合は憂歌団の「おそうじオバチャン」という曲だ。

 

 

 

「クソにまみれて2000円」というフレーズを思いっきりがなりたてたい時がある。そういうストレス発散にも、暇つぶしにもきっと役立つだろう。

 

 

おわり