読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

右腕を折ってみた

f:id:jpmpmpw:20170318003043j:image

右腕を折ってみました。GBA版のワリオランドアドバンスのように何度も壁にタックルしたら意外と簡単に折れました。それでもあんまりきれいにポッキリとはいかず、内出血部が膨らみ、張り付いたような鈍痛が治らないので病院に行ったら実は折れてたとわかったようなものです。あっ、こうやったら折れるんだなというものが実感とともにわかりました。痛い、痛いよ、痛い痛い痛い、骨は折るものではないですね。痛い。

 

以上の一連のやつは全部ウソです。全部想像です。私は骨を折ってはいません。骨を折ってはいないのですが、右腕を三角巾で吊ったのは本当です。

 

会社で、骨を折った人間の仮装をする必要があったので右腕を三角巾で吊ってみたのです。そうすると何かえもいわれぬ安心感とフィット感に驚きました。驚いたのでそのまま三角巾で腕を吊って退社しました。右腕を折ってみた、というのはそういうことです。

 

腕を吊って外に出ると思ったより自分の腕が周りの注目を集めていることがわかります。通りすがり、すれ違いざまにサッと目を向けられます。そりゃわかりやすく腕を折ってる人がいたら見ちゃいますよね。駅へ向かいます。

途中携帯を取り出そうとして手間取ります。私は右利きなのでいつも右ポケットに携帯を入れているのですが、右腕は吊っているので取り出せません。左腕を不自然に曲げて携帯を取り出します。そしてメールなどを確認しながら駅へ。

ここではICカードを取り出すのに手間取ります。ズボンの右ポケットに入れているものを左手で取り出し改札へ。右腕が使えなくなってはじめて気づきましたが、左利きの人って改札通るの不便ですね。わざわざ体をよじらなければいけない。右手ではまったく意に介さなかった動作が次々と障害になっていきます。

改札を通り抜けてエスカレーターへ。東京は左側に並びます。腕を吊っている右側を人がせかせかと通り抜けていくので、その度に腕が人に当たらないかひやひやします。もし当たってしまったら大ダメージは必至です。ここまで他人を脅威と認識したのは初めてかもしれません。

電車に乗ると再び腕に視線が集まります。左腕でつり革を持ちます。右手は三角巾を裾を掴んでギュッと固定。そうすると何もできません。スマホを触ることなどできず、揺れる体を支えるので精いっぱいです。

次々と人が乗り込んできました。折れている(体の)右腕が乗客と接するくらいの混みようです。いつ隣の他人が自分を傷つけるか、他人の所作振る舞いに非常に敏感になります。揺れに流れて軽くしなだれてくる他人、もしマジで右腕が折れていたら鈍か強い痛みが私を襲ったでしょう。乗客は全て敵、そう見なすのに時間はかかりませんでした。

辺りを見回すと他人の荷物がとても気になり出します。重たそうなバッグ、傘の先端、バンドをやってる人の背負っているギターケースの可動域、全てに注意を払います。その全てが私を傷つけかねないからです。ギターケースが腕に当たりライフが1機減りました。

 

最寄りの駅に着きます。降りがけに背広を着た人の硬い革のバッグが当たりまた一機減ります。ここでもまた改札に難儀します。左利き専用の改札があればまた利用しやすくなるのかなとは思いますが別にそんなこともない気がします。

改札を抜け西友へ。いつもは食費を抑えるために自炊をするのですが、右腕が折れているのでご飯さえ炊けません。出来合いの何かを買うことにします。

買い物にも一苦労です。左腕でカゴを持っているともう何も手に取ることができません。まずカゴを床に置き、商品を手に取り、カゴに入れて持ち上げるということをしなくてはなりません。

 

f:id:jpmpmpw:20170318000945j:image

買ったのはチキン南蛮弁当、特盛の字に男の悲哀がにじみます。普段は弁当は買わないのですが(悲しくなるので)、状況が状況だと仕方ないですね。電子レンジで温めて、生ぬるくなったポテトサラダと隅っこがベチャベチャになったごはんをもそもそと食べます。無論、慣れない左手で箸を持つため幾度となくチキン南蛮を取りこぼし白い三角巾を汚します。通常より食べるのに時間がかかってしまいました。虚しい時間が引き延ばされ、残ったのは果てしない疲労感と捨てるのに困る弁当ガラだけです。どうにもやりきれない。骨折して弁当買って食べるのは最悪だなということがわかりました。

 

全てがひと段落したので腕を吊っている三角巾を外します。外したときの開放感たるや、右手が愛おしくなります。

右手が使えないだけで行動が大きく制限されます。右腕だけは折らないようにしようというのが今回の気づきです。

 

f:id:jpmpmpw:20170318003242j:image

そういえばレジで会計したあと、レジのおばちゃんが片手でも中身を落とさないようにと袋の口を結んでくれました。ありがたい。やさしさとはまさにこのこと。骨折すると人がやさしくしてくれます。ありがたいですね。腕は折らないほうがいいです。

 

 

おわり

 

地元の先輩がいつのまにかYouTuberになっていた

雑記

地元の中学の先輩がYouTuberになっていたんです。そのまんまです。しばらく見ないうちにYouTuberになっていました。そんなことある?

 

私とその先輩は同じ野球部に所属していて、スポーツ少年団という大人の悪ふざけで作られた少年野球チーム時代も含めると6年間は共に野球でいい汗をかいていました。だからといって特別仲がいいわけではなく、バッティング練習ではその先輩を狙ってショートバウンドの取りにくい球を打ち込むくらいの仲でした(反応がおもしろかったので)。

そもそも私の地元はウソのように人がおらず、小学は全校生徒90人、中学は40人というクラス替えもない超閉鎖的な環境でした。そのため部活を多く作るわけにもいかず、野球部か美術部しか選択肢がなかったのです。中学になって部活何に入ろうか、と胸が踊るやつは初めからありませんでした。小学校で終わるはずだった大人の悪ふざけによって作られた少年野球チームの延長戦です。

保育園から中学までまったく人間の入れ替えがないので人間関係は蛸壺化し、みんながそれぞれ過ごしやすいような程よい距離感で付き合っていました。校内に仲良くない人はいないという状況、何かをしくじれば自分が学校に居づらくなるだけなので、できるだけ問題を起こさぬように細心の注意を払う毎日でした。件のYouTuberの先輩もきっとそうだったんだと思います。ここまで書いといてなんですが、要するに別にその先輩とは仲良くないんです。だからいつも遠巻きにバカにしていました。バカにしてごめんなさい。

 

その先輩がYouTuberになるなんて! 別に仲良くはないのでそこまで斟酌はしませんが、なんと立派で殊勝なことでしょうか。素晴らしいことです。終わってる小中学校の体験がバネになり、先輩をYouTuberへと駆り立てたのでしょう。創作意欲は鬱屈した環境のガス抜きのために生まれる、私がブログを始めた理由がそうだったので、先輩の気持ちがとてもよくわかります。

 

動画を見ました。一平ちゃんショートケーキ味を食べ、スタバの限定プリンを食べ、ロッテリアの限定バーガーを食べ、ペットのフェレットの動画をあげるなどYouTuberとしては満点です。一平ちゃんの再生回数は67回、このうち6回は私が見たのと、友達に見せて回ったものです。いいじゃないですか。少ないというのは伸び代があるということです。これからきっとどんどん伸びますよ。ただ難癖をつけるなら、ロッテリアの限定松坂牛バーガーを食べたとき、松坂牛には一切触れず付属のワサビだけを褒めそやしていたのはどうかと思います。ワサビ最高! と言っていたのには耳を疑いました。松坂牛じゃなくていいのに。でも彼には松坂牛なんてどうでもよかったはずなので、これはこれでいいのかもしれませんね。

 

誕生日にも配信をしていたのでその動画も見ました。 5分くらいで話すことがなくなり、健康診断の結果を読み上げていたのには笑ってしまいました。「ぼく体重47kgしかないんですよね〜」という独白にはマジでかわいそうだなと思いました。そしてグッズの販売を停止したとの告知。グッズ作って売っとったんかい。次にYouTuberをやってることは親には言っていないという突然の告白。いきなりどうした? そしてペットのフェレットが脱走、それを追いかける先輩、グダグダになって終わる動画、何から何まで最高でした。追い詰められた人間のクリエイティブを見ました。私も負けてられませんね。今後も遠くから応援していきたいです。

 

がんばれ!!山口県YouTuber!!

 

がんばれ!!

 

 

 

偉大なおむすび

食べもの

f:id:jpmpmpw:20170228164824j:image

今日スーパーに行ったら偉大なおむすびを見つけました(写真は偉大な焼きおむすび)。偉大な焼きおむすびって何???? と思いましたが店側がそういうならきっとそうなんでしょうね。ここまで気持ちいい誤植は初めてです。

 

f:id:jpmpmpw:20170228164845j:image

焼鮭ハラミも偉大。

 

f:id:jpmpmpw:20170228164859j:image

焼きたらこも偉大。

 

f:id:jpmpmpw:20170228164918j:image

f:id:jpmpmpw:20170228164934j:image

チーズ醤油も梅しらすも偉大です。全部偉大なおむすび。

 

f:id:jpmpmpw:20170228164946j:image

20パーセント引きの明太子でさえ偉大でした。偉大なのは大きさなのか、味なのか(味はおいしかったです)。

 

f:id:jpmpmpw:20170301231507j:image

これは間違いなく「巨大」と「偉大」の誤植だろと思っていたらどうやらそんなことはなくて、店側はマジで偉大なおむすびと名乗っていました。正気?

 

f:id:jpmpmpw:20170228164959j:image

だとすると偉大なおむすびの隣に置かれているこちらの普通のおむすびは一体なんなんでしょう。

 

f:id:jpmpmpw:20170228165012j:image

こちらは偉大、

 

f:id:jpmpmpw:20170301231918j:image

こちらは偉大ではない。

 

偉大の隣に置かれることによって、必然的に普通のおむすびが「偉大ではない」という烙印を押されることは必然ですが、店側は普通のおむすびの気持ちを少しでも慮ろうとはしたのでしょうか。

 

f:id:jpmpmpw:20170301231918j:image

いえ、わかります。普通のおむすびと差別化しようとして「味むすび」と名付けた、そうした気遣いをしたのはわかります。ですが「偉大なおむすび」と「味むすび」を天秤にかけた場合、みんなが手に取るであろうおむすびは間違いなく前者ですよね。ネーミングとはかくも残酷なことか、そんな思いが押し寄せてきます。

 

f:id:jpmpmpw:20170301235932j:image

しかし、偉大の名を冠するおむすびは果たしてこちらのおむすびで本当にいいのでしょうか。おむすびにはそもそも神道的な意味合いがありますが、いくら手で握られたとはいえ、チーズ醤油などとしゃらくさい味付けがなされたものが果たしてそうした意味を含めたうえで偉大と呼べるのでしょうか。

 

f:id:jpmpmpw:20170302000057j:image

その点で言えばこちらの方が偉大です。包装をめくればすぐにパリパリとした海苔にありつけ、大量に生産されるため安い値段で手軽にありつける、こちらを偉大と言わずしてなんと言えましょう。味は確かに先述のおむすびのほうが優っています。それならば「偉大なおむすび」と「味むすび」、双方の名前を入れ替える必要があるのではないでしょうか。私はそう思いました。

 

 f:id:jpmpmpw:20170302001032j:image

写真は駅前に落ちてた明太子おむすびです。(おいしかったです)