読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都にある謎の屋台ラーメンに行ってきた

食べもの 体験記

f:id:jpmpmpw:20160928013018j:image

 

ラーメンである。それも屋台でやってる昔ながらのやつ。

 

京都の北の方にある出町柳には時おりゲリラ的にラーメン屋台が出現する。その名は「はらちゃんラーメン」、しかし屋台には店名など一切表示がないので、側から見れば川沿いの掘っ建て小屋である。

 

この「はらちゃんラーメン」、いつ開くかが不定期すぎる。当日になって、店主がブログで店を開けるか開けないかの発表をするため、ラーメンにありつくには完全に運である。

 

はらちゃんラーメン店主ブログ

はらちゃんラーメン 京都出町柳屋台ラーメン 店主ブログ

 

毎日更新していてすごい。

 

f:id:jpmpmpw:20160928013018j:image

肝心のラーメンは、1杯600円。写真は大盛り700円である。麺は細麺、スープは何ベースがよくわからない。とんこつ醤油だろうか? 何かよくわからないが不思議においしい。店主に「ニンニク入れますか」と尋ねられるが、絶対に入れたほうがいい。唐辛子が混ぜられた特製ニンニクペーストである。

 

このお店は、森見登美彦の小説、四畳半神話大系に登場するラーメン屋、猫ラーメンのモデルになっているらしい。

作中では「その味は無類」という風に評価されており、確かにそうだなと思う。実際うまい。スープに猫は使ってないはず。たぶん。

 

f:id:jpmpmpw:20160928021033j:image

このお店はメディアで露出しておらず、取材も受け付けてないのでまさに知る人ぞ知るお店である。写真も原則ラーメンの写真のみ。店外写真も撮れなかった。なぜやってるのか、何が続けるモチベーションになっているのか気になる。京都にいる人は行ってみるといい。パッサパサのチャーシューの味が忘れられない。もしかしたらスープではなくチャーシューに猫を使っているのかもしれないがおそらくそんなことはない。